東大病院で妊婦健診(34w2d)

行ってきました、長かった…( ノД`)
東大病院での健診です。セミオープンシステムを利用していたので、2回目です。

トータル4時間かかりました。笑
予約時間に対し少し早めに伺ったつもりでしたが、関係ないですね( ノД`)

最近、33週に入ったあたりから張りが少し増えたなぁという自覚はありましたが、すぐ治まるし、お腹がカチカチになる感じはしないので、そんなものかなと思ってました。あとはとくに心配なことはなく。。
マイナートラブルの尿漏れと股関節痛がひどいくらいで笑(´・_・`)

これ、どちらも1人目のときは感じなかったのに、今回ひどいんです…笑
いや、笑えないかも?笑うしかないくらい?ほんと30歳くらい歳をとった気分です。笑

今回気になっていたのは、頸管長入院時の幼児の病室入室制限について。
切迫早産予備軍としては、頸管長はなにより気になります!
前回の32週の時は大丈夫でしょうとスキップしましたからね(^_^;)なおさら気になってました。

結果は… 14mmとのこと!
結構短い!笑 2週間前は30mmあったので半分ですね。20mmはキープしていたかった…!
ということで、一気に要注意になりました(;_;)
今日は子宮口の開きがなかったので入院にはならなかったのですが、柔らかくなってきているとのことで、開き始めたら入院の可能性も。
次回は本来なら2週間後の健診ですが、また来週も診てもらうことになりました。

でも、前回東大病院で測ったあと、地元の産科で測ったら頸管長が伸びていたことがあるんです。伸びることはまずないので、恐らく使用機材の違いによる誤差?と思いますが、今回は一気に短くなった感じがするのでちょっと不安になります( ノД`)

とはいえ、来週には35週。あとちょっと!という感じがします…!
なんとか乗り切りたいです。
ちなみに前回は、入院日数も2ヶ月超と長かったので、35週で一度退院させてもらい自宅安静、37週5日で出産でした。
今回、来週の検診時には35週になります。うーん、どうなるか。。笑

さてさて。
もう1点気になっていた幼児の病棟入室制限について。
見事にNGになっていました…。゚(゚´Д`゚)゚。

(これから東大病院産科で出産を検討されている方の参考になればと思うので、載せておきますね)

★2019年1月〜6月、病棟拡張工事のため、病棟移転
→12歳以下のお子様の病棟への立ち入り中止

病室ではなく病棟って、普通の病院より厳しい…!しかも半年間だけなのにそれに当たってしまった…!
これは厄年も影響しているのかしら。。笑 結構ショックです。

面会可能なエレベーターホールには新生児は連れて行けないので、上の子と赤ちゃんの面会はケータイのビデオ通話などでお願いしますといわれました。それって、面会…?笑
まあ、ここで文句を述べても仕方ないので諦めるしかないのですが、病院をきめた理由の一つに幼児の病室立ち入りokがあったので、心底残念でした。゚(゚´Д`゚)゚。

2人目となると、「新生児ちゃんもうすぐ会えるのねわくわく♡」的な感情よりも、上の子のケアの方に心が持っていかれています。笑
もちろん楽しみです、new ベイビー。でもそれより、息子くんにとって試練の始まりとなる出産入院5日間の方が気がかりで仕方ありません。笑

今日の半日お留守番でさえ、頑張ってお利口さんしててくれましたが、寂しかったようで夕方はグズグズピーでちょっとしたことで感情のたがが外れて大泣きしてました。笑
5日間でどうなることやら。ばあばも疲弊しちゃうな。。

…まずは産前入院にならないように気をつけなくっちゃ!笑
あと数週間、がんばろう〜( ノД`)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です